お酒に関する情報が含まれますので20歳未満の方はご覧いただけません。
お生まれの西暦を教えてください。

お酒に関する情報が含まれるページを正常にご利用いただくには、
WebブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

WINE & DOORS

ようこそ!ゲスト

WINE & DOORS

コンチャ・イ・トロ マルケス・デ・カーサ・コンチャ カルメネール 2020

※ご注文を受けてから商品を取り寄せる場合がございます。そのため、ご注文時とヴィンテージの変更が発生することがありますのでご了承ください。 code: wdnl1417

3,300(税込)

お気に入り
追加

33pt獲得

在庫あり

はつらつとした酸とタンニンで、侯爵という名の伝統的で高貴な赤

『マルケス・デ・カーサ・コンチャ』の称号は、1718年スペインのフィリップ王よりコンチャ家に与えられたもので、コンチャ・イ・トロ社の創始者ドン・メルチョー氏は、世襲により7代目マルケス(侯爵)デ・カーサ・コンチャとなります。1976年、コンチャ・イ・トロ社はこの伝統的で高貴な爵位を称えるべく、『マルケス』という名のワインをリリースしました。現在では、伝統と高貴を象徴するワインとして、また、チリの多様性を表現するワインとして、世界で常に高い評価を得ており、このカルメネールは、フレッシュで味わい深く、豊かな酸味となめらかなタンニンが特長です。

【ワイナリー概要】
チリNo.1ワイナリー(※)コンチャ・イ・トロ社。1883年、スペインのコンチャ伯爵家ドン・メルチョー氏がボルドーのブドウの苗をチリへ持ち込み、マイポ・ヴァレーに畑を開拓したことに始まります。             ※2021年チリINTERVID調べ
【味わい】
深い紫色。ベリーの香りが漂う、濃厚でピュアなカルメネール。杉やスミレの香り、ブラックペッパーのヒントも感じられます。フレッシュで味わい深く、豊かな酸味となめらかなタンニンが特徴で、長い余韻の中にたくさんの果実味が感じらます。
【商品特長】
「マルケス(侯爵)・デ・カーサ・コンチャ」の称号は、1718年スペイン国王よりコンチャ家に与えられました。コンチャ・イ・トロ社はこの爵位を称えて、『マルケス』という名のワインをリリースしました。伝統的なぺウモ畑のプラムやダークチョコレートの香りと、はつらつとした酸としっかりとしたタンニンが特徴です。
【受賞・評価歴】
*2020年ヴィンテージ
ジェームス・サックリング92点
【おすすめペアリング】
赤身の肉料理、メキシカンフード、熟成したチーズ。

クチコミ

0.00件のクチコミ

レビューを書く

レビューはまだありません

あなたへのおすすめワイン

この商品を見た人はこちらの商品も見ています